浮気調査

浮気調査の心得


CPIでは担当調査員(現場で指揮を取り、直接証拠も収集する責任者)と心理カウンセラーが、ご依頼者様と調査前に打ち合わせをします。


それはご依頼者のご希望をしっかりと遂行するということもあるのですが、現場とご依頼者様・心理カウンセラーとの間に温度差が生まれないようにするためです。


なんとなく状況だけわかっていて、ご依頼者の気持ち(人生の勝負所なはずです)が全く現場に伝わっていないのでは、良い調査に結びつかないと考えております。



その大切な打ち合わせの際にお願いすることがいくつかあります。


その内で重要なものとして「これから調査終了までの間、女優(俳優)になって下さい」ということです。



調査をする上で最も危険で、避けなければならないのが「発覚」です。


調査対象者(浮気した人)に「探偵につけられている」ということが知られると調査が難しくなります。


なによりも、気付かれた時点で依頼者に危険が及ぶ可能性(調査対象者が激高し、依頼者に危害を加える等)があります。



この避けなければならない「発覚」がどうして起こるのでしょうか。


「ご依頼者からバレてしまう」というケースが大変多いのです。


普段通りを装っても、依頼して頂いたことで「安心感」が出てしまうのです。


これは無意識で出てしまうことなので、仕方のないことです。


そして安心感と苛立ちから「全部知ってるんだからね!」や「探偵にお願いしてるんだから!」といったあからさまな発言をしたくなるときも出てきます。 そこはぐっと堪えて「女優(俳優)」になって下さい。


またインターネットの履歴・メールには十分注意して下さい。


あなたはもう一人ではありません。

一緒に乗り越えましょう。


CPI探偵浮気調査
CPI探偵浮気調査


QLOOKアクセス解析