証拠の重要性

証拠は「高品質」でなければ意味がない


例えば、浮気調査の場合です。

ほとんどケースにおいて「浮気をしているかも」と、疑いがあるために調査をご依頼されることとなります。
調査をした結果、疑いが的中し「浮気をしていた」ことがわかったとします。


今後「別れる」「慰謝料を請求する」「やり直す」「話し合う」など、 どうするかを決めるときがきます。
ご依頼される段階では「今後どうするか何も決まっていない」状態でも良いと思います。
まずは「事実確認」が必要であり、「浮気をしていない」という結果もあり得るのです。


しかし、調査結果で「浮気をしていた」となった場合。

しかも、「今後どうするか全く決めていない」場合。


最悪のケースを想定して、どんな状況にも対処できることが大切となります。

そこでもっとも大切なものが「しっかりと使える証拠」となります。


相手の「浮気」が原因で争うこととなった場合。
ご依頼者様から「慰謝料請求」などをすることはもちろんですが、相手が

「浮気していることを内緒にして、ご依頼者様と離婚するために、 ご依頼者様の悪行をでっち上げて訴えてきた」

という場合もあります。


しっかりと使える証拠があれば、その証拠は「相手を追い詰めるための武器」にも 「自分を守るための盾」にもなるのです。


逆に低レベルの証拠では、相手に言い逃れられ、何も守れません。

証拠として使えない「報告書」は不必要に相手を攻撃的にさせて、しかも何も守れない、 「無い方がマシ」なものです。


弊社では「示談」の際はもちろん、「調停」でも「裁判」でも使用可能な「報告書」と「DVD」を 無料でお付けしております。


近年、デジタル技術の進歩により鮮明な画像であっても「加工処理できるものであるため証拠能力に乏しい」 と言われることもあります。
しかし、弊社がDVDなどで提示する証拠は「詳細を記録した決定的な動画」となり、精細な加工が現実的に 不可能である上、証拠能力としてさらに高い「時間表示(秒数まで正確なもの)」もあるものとなります。


争いにも使用可能なレベルの、高品質な「証拠」を提出することが、調査をする者として「当たり前」のことである。 弊社ではそう考えております。



CPI探偵浮気調査


CPI探偵浮気調査

調査案内

トラブル各種調査

浮気調査

信用調査

人探し

盗聴・盗撮器発見

調査コンプライアンス

良い探偵・悪い探偵

お問い合わせ

CPI探偵浮気調査


QLOOKアクセス解析